関宿通多功道(日光東往還)を歩いてきました 【GM さんの街道レポート】

歩いた日2018年4月7日(土)~4月9日(月)
スタートした場所水戸街道との追分、新木戸交差点(南柏)
スタート場所までの行き方常磐線南柏駅から徒歩
昼食1日目:山崎宿(梅郷駅)近くの鰻屋、2日目:境宿出たところの松島屋食堂、3日目:石橋駅近くの若駒
ゴールした場所石橋駅と雀宮駅の間の日光街道との合流地点
ゴールした後帰宅
泊まった場所または帰りの方法1日目:境宿 すずきや、2日目:結城館、3日目:帰りはバスの時間が合わず石橋駅まで歩いてJR宇都宮線で
歩いた距離1日目:計画34キロ、実測(寄り道含め)45キロ、2日目:計画27キロ、実測(寄り道含め)38キロ、3日目:計画19キロ、実測(寄り道含め)28キロ

1日目の夕方からいきなり雨が降り出してびしょぬれになりましたが、それ以外は比較的暖かく強い風さえなければ半そででも十分な感じの気候でした。
単調な道も結構ありますが、城跡のある関宿(せきやど)や境宿は見どころも結構多いです。また利根川を渡る「境の渡し」もタイミングが合えば現役の渡し船で渡してもらえるそうです(運航状況要確認)。利根川の流路自体は結構変わってるのと明治以降の河川工事により棒出しとか関所跡とかはなくなっているようです。
あとは古い酒蔵や街並みの残る結城宿もオススメの場所です。
それから、迅速測図は仁連宿辺りから地図が切り替わっていますが、そこからずっと結城宿以降も右に10メートル以上ずれているので注意が必要です。
また谷貝宿を出た辺りから車道の1本左に旧道痕跡が残っていますのでこちらも気が付かないとそのまま車道を歩いてしまうので注意が必要です。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。