岐阜街道(御鮨街道) 【まるにの さんの街道レポート】

歩いた日2018年2月26日
スタートした場所稲沢市四ツ家追分
スタート場所までの行き方JR東海道線清州駅より徒歩
昼食一宮市今伊勢にて定食
ゴールした場所岐阜市湊町、御鮨所跡
ゴールした後宿泊
泊まった場所または帰りの方法電車で名古屋へ移動して宿泊
歩いた距離約34.6Km

岐阜街道は稲沢市の美濃路との四ツ家追分から岐阜市に架かる長良橋脇の湊町までの街道で、長良川で獲れた鮎を鮨にして将軍に献上するためのルートとして使われたので、御鮨街道とか鮎鮨街道ともいわれます。

鮎鮨を作る御鮨所が湊町から少し離れた現在の今町にあり、ここから御鮨を江戸へ発送していましたので、御鮨所から岐阜街道へ接続する枝道があったのではないかと思います。

この街道も濃尾平野を進むのでほぼ平坦です。昼食については市街地が多いので駅の周辺で探せば心配はいらないと思います。

所々街道に関連する碑がありますが、街並みを含めあまり旧街道の雰囲気は残っていません。

岐阜の市街地に入ると、街道をカラー舗装したり、案内標識が多数設置されているのですが、湊町、御鮨所跡周辺には何もなくわかりづらくなってしまいます。

距離も30Km以上あるので、1日で歩かず2日に分けてもいいと思います。JR東海道線か名鉄名古屋本線を利用することができます。

美濃路との追分、四ツ家追分

尾張國一宮 真清田神社前の道路元標。

地面に埋め込まれてしまっています(涙)

木曽川笠松渡し場跡に残る石畳

木曽川を渡ると鮎鮨街道の名前が見られるようになります。

中山道と岐阜街道の追分(加納宿)

さらに、岐阜市街地に入ると御鮨街道の名があちこちに。

湊町手前の河原町には古い町並みが残っています。

岐阜街道のゴール湊町まで歩いて、御鮨所の存在を知り慌てふためきました(^^;

もう一つのゴール?御鮨所跡へも行きました。

御鮨所から岐阜街道へ接続する枝道?も歩いて、岐阜街道(御鮨街道)踏破としました。

参考資料

歩いた時のGPSログデータ

ルートラボ 岐阜街道(御鮨街道) 四ツ家追分(稲沢)~岐阜(実績)

https://latlonglab.yahoo.co.jp/route/watch?id=1d05a971909384d460b61a901cb2b7ae

愛知県歴史の道調査報告書 IV 美濃街道・岐阜街道 平成元年

Network2010 岐阜街道

http://network2010.org/kaido/

参考になるかどうかわからない?私のブログ(^^;

さすらいの脳天気

回らない御鮨 …… 街道を歩いてきました(岐阜街道・御鮨街道の考察)

https://marunino.exblog.jp/29621641/

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。