近畿地方の街道

近畿地方の街道について

東海道の西の端である京都を中心に、さらに西に向かう西国街道(山陽道)や日本海側に向かう若狭街道など、各地へと街道が延びています。

また、日本最古の官道と言われる竹内街道のように奈良や大阪を起点とする街道や、熊野古道など、近世より以前の歴史の古い街道が多く存在するのもこの地域の特徴です。

 

近畿の街道

山崎通(西国街道)【京都府・大阪府・兵庫県】

【京・東寺口~西宮】京都の東寺口から桂川を渡り、山崎、郡山を経て西宮に続く街道。西宮(兵庫県)で大阪から来る街道と合流し、下関に向かう山陽道に接続する道で、現在の国道171号にほぼ相当する約50kmの道筋。山陽道の一部とされることも。

京街道(東海道五十七次) 【京都府・大阪府】

【京都府・大阪府】山科の追分(大津宿と京の間)で東海道と分かれ、京三条大橋ではなく大阪高麗橋に向かう道。東海道で大阪へ向かうための、江戸幕府の管理した正式なルートであり、東海道五十三次にこの京街道の4宿を足して「東海道五十七次」とも呼ばれます。