関東地方の街道

関東地方の街道について

中世以前は「東国」として扱われていた関東地方ですが、近世に入り政治の中心が江戸になると、江戸・日本橋が諸国に通じる街道の起点とされ、現代にいたる日本の道の中心地域となりました。

幹線となる街道は、まず諸国にいたる五街道。いずれも日本橋が起点となっています。

また、徳川家康の廟所である日光(栃木県)や、関東の雄藩である川越(埼玉県)、庶民の信仰の厚かった大山(神奈川県)などは、各地からそこに至る街道が数多く存在しています。

近世以前の道としては、鎌倉(神奈川県)を中心とする鎌倉街道が放射状に各地に延びていましたが、廃道となっている区間や詳細のはっきりしない部分も多く、全行程をたどれる道は多くはありません。

交通の便の良い街道多し(ただし油断は禁物!)

東京周辺の街道は、ほとんどが現在の鉄道に沿っていて交通の便が良くなっています。関東近郊の方なら日帰りで歩くことも可能。遠くの方でも、一か所に宿を定めてそこから往復する形で、連休などを使い短期間で踏破することができるでしょう。

関東平野内で完結する街道を除いては、峠越えや鉄道から離れる区間の長い街道もありますので、念のため各街道のルートを調べてからお出かけください。

峠越えがある街道では、熊鈴や登山装備などの準備が必要になります。

 

関東の街道

大山街道【東京都・神奈川県】

【赤坂御門~大山阿夫利神社】江戸城の赤坂御門から、青山、二子、溝口、厚木、伊勢原を通り、大山(神奈川県)山頂に向かう道。現在の国道246号にほぼ相当。江戸時代に流行した大山参りの道ですが、伊勢崎までは静岡県沼津に至る矢倉沢往還と重なり、東海道の裏街道としても利用されました。

コメントなし

青梅街道 【東京都・山梨県】

【新宿~甲府】内藤新宿の追分(新宿三丁目交差点)で甲州街道と分かれ、青梅を経て酒折(甲府市)で再び合流する街道。甲州街道の裏街道としても利用されました。中里介山の「大菩薩峠」でも有名です。

コメントなし