中部地方の街道

中部地方の街道について

近世に入り政治の中心が江戸になると、江戸・日本橋と京都を結ぶ東海道や中山道が地域を貫く幹線道路となりました。さらにそこから各地に至る街道が大小無数に分岐しています。

東海道と中山道をつなぐ美濃路や、東海道の脇街道である姫街道、佐屋街道などは、五街道につぐ主要街道として重視されました。

江戸と京都という都市の間にあり古来からたくさんの人が行き来しているため、歴史を感じさせる名所や名物が多く、また内陸部は温泉地帯を通るなどお楽しみのある街道がたくさんあります。

幹線道路はおおむねアクセス良好。内陸部は峠や未整備の道に要注意

東海道、中山道、その付属街道などの主要な街道は、峠を越えることはあるものの、情報も充実していて歩く人も多いので比較的気軽に歩けます。太平洋側と日本海側をつなぐ街道は、鉄道からも離れ一部未整備の峠(冬場は雪が積もります)を越えるので、事前の計画や装備が必要になります。

内陸部を通る街道では、熊鈴なども準備をした方が良いでしょう。

 

中部地方の街道

2016-04-16 09-41-31_サイズ変更

佐屋街道 【愛知県(三重県)】

【熱田~佐屋、桑名】熱田宿で東海道と別れ、東海道が七里の渡しで海を渡る区間を陸路(一部水路)で行く九里の街道。東海道の脇街道であり、七里の渡しよりも旅程が立てやすいためこちらを選ぶ旅人も多く、幕末に上洛した徳川家茂や、東京遷都の際の明治天皇などがこのルートを使っています。佐屋路とも。

コメントなし

下田街道 【静岡県】

【三島~下田】三島宿(静岡県三島市)で東海道から分かれ、伊豆半島を縦断、大仁、湯ヶ島を経て天城峠を越え下田に至る街道。下田は古くからの港町。川端康成の「伊豆の踊り子」、ペリー来航による開国の道としても有名です。現在の国道414号線にほぼ相当する道で、修善寺をはじめ温泉地を多く通ります。

1件のコメント