長崎街道【福岡県・佐賀県・長崎県】

ルート・歩き方 | この街道について調べる | この街道に関する投稿

長崎街道とは

「長崎路」とも。 大里(門司港近く)または小倉・常盤橋から、山家、田代、佐賀を経て日見峠を越え、長崎に至る街道。
現在の国道200号、34号、207号、498号、一部国道3号に相当する道筋です。

開設は慶長10年(1605)代以降とみられ、慶安2年(1649)の時点では浜・多良・湯江・諫早を通る南回りのルート(現在の国道207号に相当) が取られていましたが、天明7年(1787)の時点では小田でこれと分かれ彼杵を通る北回り(国道34号)と、中間を通り塩田から二手に分かれて前述の 2ルートに合流する道筋(国道498号)の3通りが存在。同時代に3つの本通りを持つ特殊な街道でした。

起点も大里、小倉の両説があり、確定していません。

鎖国から横浜・函館開港までの220年間、唯一海外に門戸を開いていた長崎への物流の道であり、異国文化を日本に伝える道。九州諸藩の参勤交代や長崎奉行のほか、海外からやってきた象やラクダ、砂糖などが街道を通りました。

 

ここがおススメ♪ 長崎街道
  • 積雪はほぼ無いので一年を通して歩くことができます。
  • 長崎街道の案内板が全線に渡って多くあり、自治体や住民の街道への愛情が感じられます。
ここが難点! 長崎街道
  • とにかく坂が多いです。とくに長崎に入ってからは、彼杵大村間は海岸沿いにもかかわらず細かいアップダウンがあり疲れます。

 

長崎街道のルートと歩き方

 長崎街道のルート(通過する宿場・自治体)

 宿場交通自治体

 

 長崎街道の歩き方

 注意の必要な箇所

鈴田峠

未舗装路を長く歩くのでスニーカーでは歩きにくいかもしれません。

 

 長崎街道のおすすめ情報

 

長崎街道のイベント情報

 

 

長崎街道について調べる

 長崎街道に関するサイト・関連情報

 「長崎街道シュガーロード
「砂糖の通り道」「南蛮文化の通り道」だった長崎街道の沿道のまちには、砂糖文化が育ちました。
現在は街道沿いの自治体で「シュガーロード連絡協議会」を設立し、PR活動をしています。美味しそうなお菓子がいっぱいです!

 長崎街道佐賀路宿場町」 国土交通省九州地方整備局佐賀国道事務所ホームページ ※ 佐賀県内の地図と宿場の案内

 長崎街道 内野宿

 

 長崎街道と関連する街道

山陽道【兵庫県・岡山県・広島県・山口県】

薩摩街道

島原街道

中津街道

門司往還

 

長崎街道に関する投稿

 長崎街道に関する投稿

 

長崎街道に関する情報をお寄せください!

街道情報を投稿する


このページ内に掲載したい、見どころ・歩き方・資料などの情報、通行止めや期間限定情報、歩いた感想などは、下のコメント欄にご記入ください。(画像が添付できます)

投稿にはユーザー登録(無料)が必要です


コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。