街道なう 街道なう
街道なう 街道歩きについて 歩こう!全国の街道 おススメ!サイト集 旅人のひろば
街道なうニュース 街道カレンダー 街道歩きのお役立ち このサイトについて コラム/特集

   街道歩きのお役立ちメモ

街道歩きのお役立ちメモ > 街道歩きの基本

   街道歩きの基本

 

まずこれだけは押さえておきたい! 街道歩きを楽しむための、基本の基本。
街道歩きの旅を始める上で、まず把握しておきましょう♪

街道
かいどう
そもそも「街道」とは、一般に主要道路のこと。
「街道歩き」では、江戸時代に整備された「東海道」や「中山道」など現在の幹線道路のベースになっている道路が取り上げられることが多いですが、 古くは律令時代に都と地方を結んだ「七道」や、鎌倉時代に鎌倉と各地を結んだ「鎌倉街道」、また、近代以降に道の通称として「○○街道」とつけたもの、 さらには観光や地域振興を目的として名付けたものなど、広い意味での「街道」は数限りありません。
五街道
ごかいどう
江戸時代の主要街道。「東海道」「中山道」「日光道中」「奥州道中」「甲州道中」の五つで、江戸幕府の 統治の要として江戸時代の最初期に整備されました。他の街道に比べ特別に重視され、幕府が直轄、道中奉行が設置されてからはその管理下に置かれ、 道筋や宿場位置の変更、人馬賃銭等の決めごとや大きな工事などはすべて幕府が管理しました。
脇街道
わきかいどう
道中奉行が支配する「五街道」及びその付属街道以外の、勘定奉行が支配する街道。主に五街道とその付属街道 から延長するものや、分岐するものです。
伊勢路、中国路、佐渡路など、五街道に次いで交通量の多い重要な道もありますが、それ以外では宿場も小規模で不十分な街道もあり、 幕府の関与も五街道に比べて小さく間接的なものでした。
脇往還、脇道とも呼ばれています。
国道
こくどう
明治期以降の道路区分のひとつ。現在は、全国に459路線の国道があります。
近世以前の主要道路に相当するものが多く、東海道なら国道1号、中山道なら国道17号、18号他など、街道歩きの多くは国道に沿った旅となります。 ただし現在の国道は車両の通行に合わせて拡幅や付け替えがされているため、旧街道は国道(県道他)を歩いたり離れたりします。
宿場
しゅくば
もともとは伝馬制の馬の継立のために、街道上に一定区間ごとに設けられた駅(中継所)ですが、 宿泊施設やその他の商業施設の機能が発達し、地域経済の中心である町へと成長していきました。
一般に、宿場の両端に見付(木戸)、問屋場、本陣、脇本陣、旅籠、茶屋、高札場などの施設があります。
宿には「飯盛女」と呼ばれる遊女が置かれ、歓楽街として繁栄した宿場もありました。
関所
せきしょ
街道上に設けられた役所。古代は軍事目的、中世は交通料徴収のための機関でしたが、江戸時代は 大名の統制と江戸の防衛のために主に「入鉄砲に出女」を取り締まる施設とされるなど、時代によって目的も設置場所も変化しました。 18世紀前期の段階で、関所は全国に53。東海道の箱根、今切、中山道の碓氷の関所が最重要とされました。

とうげ
街道が山を越える箇所。山頂と違い、坂道が最高になる場所を指します。
移動のための交通路である街道は、なるべく起伏の少ない道筋を選んで山を迂回したりしながら進みますが、技術上、あるいは防衛上の理由で 山を避けずに峠を越える箇所も多々ありました。
渡し
わたし
街道が水上を橋以外の方法で通過する箇所。 川を渡ることが多いですが、東海道の「七里の渡し」のように海を渡るものや佐屋路のように川を上り下りするものもあります。
雨で川の水位が上がったりすると「川留」となり渡れない日が続くこともあり、渡しが多い東海道などは旅程を立てるのが大変だったそうです。


個人情報について / お問い合わせ / このサイトについて

copyright2014 charapokopachira All right reserved.