街道なう
街道なう 街道歩きについて 歩こう!全国の街道 おススメ!サイト集 旅人のひろば
街道なうニュース 街道カレンダー 街道歩きのお役立ち このサイトについて コラム/特集

   街道歩きについて

街道歩きについて > 街道歩きとは | 街道歩きのソボクな疑問1.入門編 | 街道歩きのソボクな疑問2.実践編

街道歩きのソボクな疑問1.入門編

 

日ごろ「散歩かふぇ ちゃらぽこ」にて、普通〜〜にコーヒーを飲みにいらして店の掲示物などを目にされ 「街道歩き? なんじゃそりゃ」という疑問を持たれるお客さまに対応しております「ちゃらぽこ」ぱきらが、 ちょいちょい聞かれるソボクな疑問とその回答をまとめてみました。

まずは入門編の、「街道歩きって?」という疑問から。もっと深〜い各街道についての質問は、 「旅人のひろば 〜 街道歩きの質問箱」をご参照ください!


Q:そもそも、東京から京都まで
とかって、本当に歩けるの?
A:歩けます!
 

東海道で東京から京都までは約500km。新幹線で2時間半。歩いたらどのくらいかかるのか想像もつかない距離かもしれませんが、 道はすべてつながっていますし整備されています。大きなまちを通るので食事や宿泊の不安な場所も多くはありません。
続けて何日も歩くのは難しいですが、どこで区切ってもだいたいは電車やバスに乗って帰れる道筋なので、「疲れたら終わり」 という感覚で歩き始めることもできます。

もちろんそんな整備された街道ばかりではありません。道が途切れていたり、ほとんど登山だったりする街道もありますが、 歩く道を選んで行けば、不安な場所に出ることはそれほどありません。

「どの道なら歩けそうか?」は、街道一覧からどうぞ → 歩こう!全国の街道


A:1日20km前後、 東海道なら25日程度が平均的です。

Q:1日にどのくらい歩く?
何日くらいで歩ける?
 

街道ウォーカーさんの話をうかがっていると、1日15〜25kmくらいのペースの人が平均的なようです。
このペースだと、東海道・東京〜京都間は20〜30日程度となります。
他にも「寄り道をしながら5〜10km」という方や、「30〜40km歩いて達成感を味わう」という方も多く、 ペースは旅の目的や体力に応じて人それぞれです。

ちなみに1日15〜25kmというのは、平均的な体力の大人の方で、「最初はかなり疲れて足が痛くなるけれど、 続けているうちに、だんだんそれほど苦痛ではなくなっていく」くらいの距離だと思っております。

それぞれの街道ウォーカーさんが何日くらいかけて歩いているのかは、歩き方のページをご参照ください。


Q:いっきに続けて
1か月も歩くの?
A:そうでもありません……。
 

昔の旅人のように一息で行ければとっても嬉しいのですが……。
学生さんや退職されてからはじめられた方には、東京から京都まで泊まり続けて2週間〜1か月くらいで踏破された という方もいらっしゃいますが、周りの街道ウォーカーさんには圧倒的に、分割して歩かれる方が多いです。

スタートからその日のゴールまで進んで、いったん電車などで自宅に帰り、次の休みにまたそこまで電車で行って 続きを歩くといった具合です。
スタート地点が遠くなると、連休に数日続けて歩くということがありますが、お近くの街道から始められれば 当面は日帰りで行けますので、日ごろお勤めの方もたくさん街道を歩いていらっしゃいます。


A:いえいえ……
……まぁ……(^^;
Q:ひたすら国道を歩くの?
 

ひたすら国道を……という方もいらっしゃるようですが、「街道歩き」を趣味とされる大部分の方は「旧街道」にこだわって 歩かれる方が多いです。

江戸時代からの主要な街道ほど、現在は国道や都道府県道となって拡幅・整備され、車通りの多い道になっています。
が、そういう道にも、現在の国道から逸れて旧道に入る区間が少なからずあり、旧街道の雰囲気を残した道を歩くことができます。

そんな道を探しながら歩くのも楽しみのひとつ。車の多い道は人が歩くのは大変だったり、単調な国道歩きに飽きたりする こともありますが、その分、気持ちのいい旧道に出会ったときの感動はひとしおです。

そのような整備された街道は、大きなまちが多く食事・宿泊や行き帰りの交通手段に困らないというメリットがあります。
逆に、雰囲気のいい旧道が続くとそれらに困ることもあり、一長一短ですね。

ちなみに、どの道が「旧街道」なのかというのは、主要な街道であれば本や地図が出ていますし、既に歩かれた方のサイトや 自治体の発行しているガイドマップなどでも知ることができます。


Q:始めるには何が必要?
どんな格好で歩けばいい?
A:特別に必要なものは
ありません。
 

靴はいいウォーキングシューズがあればベストですが、たいていの道は、履き慣れたスニーカーなどでも。
服装も、今はスポーツに適したものがたくさん売られていて、機能に優れたものが 揃えられればそれに越したことはありませんが、基本は動きやすければOKです。

東海道や日光街道などの大部分が整備されている街道なら、ほとんどは舗装された普通の道です。
箱根や鈴鹿など山道を歩いて峠を越える区間があり、登山靴が必要かというご質問をいただくことが多いですが、 舗装路を歩く区間も長いので、最終的には履き慣れた歩きやすいものが一番かと思われます。
中山道ですと、峠の部分が長くなるので登山靴を使われたという話を聞きますが、好みの分かれるところです。
持ち物は、地図、カメラ、万歩計、雨具などなどイロイロですが、基本は歩く距離と日数に応じて、普段の 散歩や旅行に持っていかれる程度のもので問題ありません。持ち歩くようになることが多いので、重くならないように。

個別の街道に必要な装備については、すでに歩かれた方に相談されるか、質問コーナーへどうぞ!


A:大丈夫!
まずはお近くの街道から♪

Q:興味はあるんだけど、
気軽にはできなそうで……。
 

「最初は良くても、だんだん遠くに行くから、時間的にも経済的にも大変なんじゃない?」というご質問をよく受けます。 ぶっちゃけ、その通りです……。

でも、急いで行かなければならないものでもありませんし、どこからどこまで歩かなければならないと決まっているものでも ありません。近所からぷらりと歩きだして、気付いたら遠くに行っていた……という話もよく聞きます。
かくいう「ちゃらぽこ」ぱきらも、最初はブラリまち歩きのつもりで出発、後半は年に1度、2〜3泊の大旅行になって いましたが、そんなペースでも5年くらいで京都に着きました(^^;
もう少し頻繁に行ければ、1〜2年でも可能です。

また、五街道など遠くに続いているものは大変でも、ご近所から1日や2日で踏破できてしまう短い街道も少なくありません。
「日帰りで行ける範囲を越えたら、別の街道を始める」という方もたくさんいらっしゃいます。
自分のスタイルで、好きなように始められるのが街道歩き。 まずはお気軽に、ご自宅の近くから一歩踏み出すところから始められてはいかがでしょうか(^^)

→ 街道歩きのソボクな疑問2.実践編

 


初めて&お一人で不安な方は、まずは安心のガイド付きのツアーに参加されてみてはいかがでしょうか♪

≪国内/テーマのある旅特集!≫クラブツーリズムのお勧めツアーはこちら

阪急交通社 国内旅行なら任せて⇒★自慢の格安旅行が勢揃い★

散歩かふぇ ちゃらぽこ

個人情報について / お問い合わせ / このサイトについて

copyright2014 charapokopachira All right reserved.